夜勤専従看護師

家庭との両立なら夜勤専従看護師がおすすめ

私は、まだ幼い2人の子どもがいる中で夜勤専従看護師として働いています。
結婚するまでは日中の勤務だったので、夜間専従がこんなに都合が良いものだとは思っていませんでした。
子育てしていると、日中時間が取れないと両立することってすごく難しいですよね。
保育園のイベントとか、子どもの送り迎えとか、家事とかって全部日中にやっておくことばかりです。
うちの場合、主人が夜間は子どもを見ていてくれるので、このような働き方が一番楽です。

 

夜間専従看護師の良いところは、まず時間の有効活用ができること。
私の場合16時〜翌日10時までが勤務時間で、次の勤務は翌日の16時からなのでかなり時間が空きます。

 

夫は転勤が多い仕事ですが、定時に終わるので強力しながら子どもを保育園へ送り迎えできます。
また、子どもが体調を崩して保育園から突然連絡がきたとしてもすぐに駆けつけることができます。

 

日中働いていたら、遅刻や欠勤が多くなってしまうところを、夜勤専従なら規定の時間をちゃんとこなすことができるのです。

 

あとは、銀行とか自分の用事も日中が空いているので、子どもが保育園に行っている間に済ませることもできます。あとたっぷり眠ることもできるので家庭と仕事を両立しているとは思えないくらいのんびりしています。
それから、通勤ラッシュに巻き込まれないで済むのも精神的に楽ですね。

 

主人の仕事の都合で今は大阪にいますが、多分あと3年もしたらまた違う土地で生活をすることになると思います。
その時も、夜勤専従の仕事に絞って探したいと思っています。