ブランク看護師

ブランクがある中で看護師として働くなら・・・

私は、結婚してからすぐに双子を出産したこともあり、しばらくは専業主婦として過ごしていました。
ですが、子どもも3歳になったことだし、ちょうどそのころ夫の転勤で大阪に住まいを移したこともあり、心機一転看護師の仕事に復帰しようと決意しました。

 

とは言っても、ブランクがあるので初めからハードなところは無理だし、夫は転勤族だから常勤も難しい。
加えて子育てだってしっかりやっていきたいから、独身のときみたいにスムーズに仕事を探すことはできませんでした。

 

ブランクがあると、高い専門性を求められる科や、急性期ですと自分ってこんなに仕事ができなかったっけ・・・と自信を失くしてしまったという友達もいたので、仕事探しは時間がかかっても慎重にいきたいと思っていました。

 

そこで私が選んだのは、老人病院や派遣の看護師として働く道です。
こうした職場なら、仕事の感覚をゆっくり取り戻すことができますし、残業もありませんから、家庭のこともちゃんとできます。

 

ブランクのある人におすすめしたいのは、復職支援セミナーに参加することです。
復職支援セミナーは、同じ立場の看護師仲間とたくさん出会えますから、大阪に来たばかりで知り合いが誰もいない私にとっては、とても励みになりました。

 

それに、自分が興味を持った病院を見学することもできますので、採用される前に病棟の雰囲気を感じることができるというのは大きいと思います。